見学・体験募集

10月20日(日)AM9:00-11:00に無料体験会をします!

場所:中鶴グラウンド

※雨天時の開催可否は20日朝8時にこのページに掲載します。

対象:幼稚園〜中学生のお子様と保護者

申込みは不要です。運動できる服装、スニーカー、水筒などの飲み物を持って、中鶴グラウンドにお越しください。

体験時にはお子様の安全を考え、激しいプレーはしません。

お問い合わせ は担当の有馬まで。

TEL  080-5201-6825

メール  takehiro.arima@gmail.com

中鶴少年ラグビークラブについて

1976年の開始から今年で43年、4歳から15歳までのメンバーが、試合や練習を行っています。

今年3月、KBCのテレビ番組、ふるさとWishでクラブが紹介されました。

ラグビーは1人だけではトライ(得点)もディフェンスもできません。それぞれのポジションが、勇気を持って役割を果たした時、勝利が生まれます。もっともチームワークが重要なスポーツと言われております。

外で友達と遊ぶことが少なくなってきた昨今、子ども達が成長していく過程の中で、身体と心と頭脳をフルに使って人と触れ合う事は、とても貴重な体験ではないでしょうか?

中鶴少年ラグビークラブでは子ども達の成長過程に応じた安全な指導のもと、心と身体を鍛え、地域を越えた仲間作りをしています。

ぜひ、見学・体験お越しください。お待ちしております。

中鶴の子供と親御さんの声

 北九州市立引野小学校3年 有馬  一晴(いっせい)くんのお父さん、丈博さん 

一晴(写真でボールを持っている子)は、小1の5月に中鶴に入部し、それから2年で驚くような成長がありました。

有馬一晴

倒れても立ち上がるガッツ、仲間と力を合わせる協調性、少しずつですが試合中の状況判断も身についています。

体力、知力、精神力のすべてが養われます。

有馬一晴

昨年の春には、イギリスのトッププロチーム、レスター・タイガースが主催するスクールで、イギリス人コーチも絶賛する強烈なタックルを見せ、MVPも獲得しました。

レスター・タイガースのスクールで有馬一晴がメダルを獲得

私自身は高校時代バスケットボール部だったのですが、ラグビーほど「生きる力」を育てるスポーツは他に無いと感じています。

プレイ中の選択肢が格段に多いので、スピードと決断力も鍛えられます。

なにより、友達が増えます。

中鶴少年ラグビークラブ

小3は、毎週土曜日14:300-17:00の練習と、およそ月1回の試合が日曜日にあります。

他にも、家族で楽しめるイベントもあります。今年は、中鶴出身のプロ選手松尾将太郎さんが所属するNTTコミュニケーションズの試合を見に行きました。

NTTコニュニケーションズの試合

家族みんなで楽しめるのが、中鶴ラグビーのいいところです!

一緒に日本代表を目指して、頑張ろう!

中鶴少年ラグビースクールのOB

中竹竜二 さん(1973年生まれ)

日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター
(ラグビーのプロのコーチを教育する立場)
元ラグビーU20 日本代表監督、元日本代表ヘッドコーチ代行
元早稲田大学ラグビー部監督(学生だった五郎丸選手を率いて大学日本一に導く)
元早稲田大学ラグビー部主将
ラグビーのTV解説多数
以前、当クラブでもコーチをしていました。著書も多数。

小川 高廣(たかひろ) さん(1991年生まれ)

ラグビートップリーグ・東芝ラグビー部主将
(リーチ・マイケルのチームメイト)
日本代表を2度経験
東福岡高校時代に全国優勝
ジュニア日本代表
7人制ラグビー日本代表

 松尾 将太郎さん (1996年生まれ)

ラグビートップリーグ・NTTコミュニケーションズ所属
東福岡高校から明治大学へ 2019年1月、大学選手権優勝

クラブ生の進路について

高校受験の時には、スポーツ推薦を受けるケースが多くあります。

進学先は、本気でラグビーで上を目指す方は博多の東福岡高校。

勉強と両立される方は、折尾の東筑高校など。

見学の後、ラグビーをやってみたい!という方へ

見学後、3ヶ月は会費が無料の体験入部ができます。(保険料800円のみ必要)

○入部年齢

幼稚園~中学生

○練習時間

毎週土曜日 (小中学生)
午後2:30~ 5:00頃

毎週日曜日 (中学生)
午前9:00~12:00頃
(原則上記の時間帯ですが中学生等は変動することがあります。)

○練習場所

中間市遠賀川河川敷 中鶴グラウンド

○見学前によく頂く質問について。

Q1. ラグビーは危ないスポーツと言うイメージがありますが、大丈夫でしょうか?

A1. 確かに、サッカーやバスケットボールと違い、ラグビーにはタックルなどの接触プレーがあります。

ですが近年、日本のラグビー界は子供の安全を最優先するようになっており、小学校2年生以下の試合ではルールが変わり、タックルをする代わりに両方の腰につけた布を取る「タグラグビー」になりました。

小学3年生以上でも、初めて見学・体験に来る子に、いきなりタックルをして倒す様なことはしませんので、ご安心ください。

また、複数回の体験後、あるいは入部後も、安全なタックルの仕方・受け方について練習をします。

コーチも子どもたちの安全を優先し、指導をいたします。

ただし、万が一のケガに備えて、体験時には保険(年間800円)に入っていただくことをお願いしています。(見学のみの場合は不要)

Q2. ラグビー未経験ですが、入れますか?

A2. もちろん入っていただけます。当クラブのほとんどの子どもたちは、未経験からスタートしています。

年齢と入部時期に合わせた指導をいたします。

Q3. 体が小さいのですが、大丈夫でしょうか?

A3. ラグビーには様々なポジションと役割があり、体が小さくても大丈夫です。パスやステップ、タックルの技術を磨くことで、大きな子に負けないプレーができます。

Q4. 女の子でも入れますか?

A4. 入れます。当クラブには複数の女子部員がいて、新しい仲間を楽しみにしています。また、女子だけの大会もあります。

見学・体験後に入部してみよう!といった場合にかかる諸費用についてご案内します。

○会費(月謝)・費用

入会金:1,000円
(第2子より入会金免除)

会  費: (月額)
幼稚園1,500円、小中学生2,500円
(第3子からは、幼稚園 0円、小中学生 1,000円)

入会時に2ヶ月分前納して下さい。以後1ヶ月単位で納入してください。
※本会の会計年度は、毎年3月1日~翌年2月末日までとします。

日本ラグビー協会登録料:2,000円

スポーツ安全障害保険:幼稚園~中学生 年間800円(見学時に払った場合は不要)

※その他合宿・遠征行事等参加時は別途実費が必要となります。ただし、遠征時のバス代は子供分は月謝に含まれており無料。保護者にはバス代補助があり、1人あたりの料金は1,000円となっており格安です。

○上記費用に加え入会する時に必要なもの

☆入会申し込み書(入部届け)
☆誓約書
☆健康調査表

○見学の申込先

お問い合わせ は担当の有馬まで。

TEL  080-5201-6825

メール  takehiro.arima@gmail.com